コピー機を購入する

自分だけでなく多くの社員が利用し、コストとして購入しなければならないのがコピー機です。コピー機を購入するか、リースするかで契約形態やコストが大きく変わります。そんな中で購入して、今後もオフィス内でコピー機を利用する時に考えなければならないポイントは色々とあります。把握して企業内で検討しながら、的確なコピー機を購入しなければなりません。

購入を決断した時のメリットとデメリットを見ていくと、コピー機を購入した時のメリットでは自己所有になるという点です。購入した時にリース契約と異なって、転売を行ったり譲渡することもできます。そしてコピー機の価格に注目すると、10万円以上ならば資産にすることができます。財産として活用することができるので、計上する際にも楽になります。経費削減にも活用することができるのもメリットの一つで、一括でコピー機を購入した時にはリースで必要な保険料などを削減することができます。

しかしコピー機の購入において、デメリットも色々とあります。一時的に高額なコストが必要となるので、資金繰りも必要になります。減価償却に関する手続きであったり、固定資産税を払わなければなりません。事務処理が増えてしまいますが、故障した時に処分に関する費用もかかります。リース契約と大きく変わる点がコピー機の購入と比較して色々とあるので、会社の所有物として大切に使わなければなりません。処分する際にも所有者が責任を持たなければならず、損失として計上しなければなりません。