リースの制限をクリア

リースにするかコピー機を購入するかで、大きく今後の契約を変えていくことになります。コピー機の購入によって、リース契約の問題点をクリアすることができます。どうしてもコピー機のリース契約を中途解約したいと考えた時、料金は固定金利となっているので年数は決まっています。そのためリース契約の解約は契約後に行うことができないため、残債を最後に支払うことがありません。長期的にリース契約の料金を支払う必要があるので、リスクは大きいといえるでしょう。

そしてコピー機の購入によって、所有権を持つことができます。リース契約によって導入した時、自分の持っているオフィスにあるものの、コピー機の所有権というのはリース契約を行っている会社が持っています。期間が切れた際には回収していきますので、文句を言うことは決してできません。再リースを行ってほしいと打診されることもありますので、契約内容を理解しておかなければなりません。勝手に転売することもできないため、時にはリース契約だと支払い総額が高額になってしまうことがあります。

リースで縛られてしまう契約内容を、コピー機の購入で解消することができます。事前に資金の用意が必要となりますが、じっくりとリースか購入するか検討する価値はあります。