リースの制限をクリア

リースにするかコピー機を購入するかで、大きく今後の契約を変えていくことになります。コピー機の購入によって、リース契約の問題点をクリアすることができます。どうしてもコピー機のリース契約を中途解約したいと考えた時、料金は固定金利となっているので年数は決まっています。そのためリース契約の解約は契約後に行うことができないため、残債を最後に支払うことがありません。長期的にリース契約の料金を支払う必要があるので、リスクは大きいといえるでしょう。

そしてコピー機の購入によって、所有権を持つことができます。リース契約によって導入した時、自分の持っているオフィスにあるものの、コピー機の所有権というのはリース契約を行っている会社が持っています。期間が切れた際には回収していきますので、文句を言うことは決してできません。再リースを行ってほしいと打診されることもありますので、契約内容を理解しておかなければなりません。勝手に転売することもできないため、時にはリース契約だと支払い総額が高額になってしまうことがあります。

リースで縛られてしまう契約内容を、コピー機の購入で解消することができます。事前に資金の用意が必要となりますが、じっくりとリースか購入するか検討する価値はあります。

確認すべきポイント

これからコピー機を購入しようと考えた時、本当に資金繰りに企業が余裕を持っているかがポイントとなります。コピー機は金額が時には50万円以上かかってしまうこともあります。一気にキャッシュが出ていってしまう問題を克服できるかが、コピー機の購入でポイントとなります。会社をこれから設立しようと考えている人が、いきなり資金繰りが厳しくなっている状況でコピー機を購入しようと考えると失敗してしまいます。キャッシュフローを軽くさせなければなりませんので、まとまった現金を用意しましょう。資金繰りは状況が常に変化するので、注意しながら用意していく必要があります。

そしてコピー機を数年先まで活用する予定を作れるかチェックしなければなりません。しばらくコピー機を使っていくか考えていく時に、リース契約を選んでしまうとデメリットになってしまうこともあります。それは途中でリース契約であれば解約を行うことができません。5年以上コピー機の代金を支払っていかなければならないので、どうしても途中でコピー機を使わない状況にならない時は、コピー機を購入してしまいましょう。

どうしても判断に迷ってしまう時には、中古コピー機の購入をおすすめします。新しいコピー機ほど高いわけでもなく、リース契約のように縛られることはありません。また、各コピー機を提供するメーカーで相談窓口を用意していることもあります。調べながら相談をしていくといいでしょう。

参照サイト→中古コピー機の購入…OAランド

コピー機を購入する

自分だけでなく多くの社員が利用し、コストとして購入しなければならないのがコピー機です。コピー機を購入するか、リースするかで契約形態やコストが大きく変わります。そんな中で購入して、今後もオフィス内でコピー機を利用する時に考えなければならないポイントは色々とあります。把握して企業内で検討しながら、的確なコピー機を購入しなければなりません。

購入を決断した時のメリットとデメリットを見ていくと、コピー機を購入した時のメリットでは自己所有になるという点です。購入した時にリース契約と異なって、転売を行ったり譲渡することもできます。そしてコピー機の価格に注目すると、10万円以上ならば資産にすることができます。財産として活用することができるので、計上する際にも楽になります。経費削減にも活用することができるのもメリットの一つで、一括でコピー機を購入した時にはリースで必要な保険料などを削減することができます。

しかしコピー機の購入において、デメリットも色々とあります。一時的に高額なコストが必要となるので、資金繰りも必要になります。減価償却に関する手続きであったり、固定資産税を払わなければなりません。事務処理が増えてしまいますが、故障した時に処分に関する費用もかかります。リース契約と大きく変わる点がコピー機の購入と比較して色々とあるので、会社の所有物として大切に使わなければなりません。処分する際にも所有者が責任を持たなければならず、損失として計上しなければなりません。