確認すべきポイント

これからコピー機を購入しようと考えた時、本当に資金繰りに企業が余裕を持っているかがポイントとなります。コピー機は金額が時には50万円以上かかってしまうこともあります。一気にキャッシュが出ていってしまう問題を克服できるかが、コピー機の購入でポイントとなります。会社をこれから設立しようと考えている人が、いきなり資金繰りが厳しくなっている状況でコピー機を購入しようと考えると失敗してしまいます。キャッシュフローを軽くさせなければなりませんので、まとまった現金を用意しましょう。資金繰りは状況が常に変化するので、注意しながら用意していく必要があります。

そしてコピー機を数年先まで活用する予定を作れるかチェックしなければなりません。しばらくコピー機を使っていくか考えていく時に、リース契約を選んでしまうとデメリットになってしまうこともあります。それは途中でリース契約であれば解約を行うことができません。5年以上コピー機の代金を支払っていかなければならないので、どうしても途中でコピー機を使わない状況にならない時は、コピー機を購入してしまいましょう。

どうしても判断に迷ってしまう時には、中古コピー機の購入をおすすめします。新しいコピー機ほど高いわけでもなく、リース契約のように縛られることはありません。また、各コピー機を提供するメーカーで相談窓口を用意していることもあります。調べながら相談をしていくといいでしょう。

参照サイト→中古コピー機の購入…OAランド